宣伝広告の動画を作るなら著作権フリーの音楽がおすすめ

男の人

離脱の要因を取り除く

広告

入力フォームにおいて途中離脱するユーザーは、全体の60パーセントにものぼります。その中には、個人情報漏洩の懸念などから離脱するケースも含まれていますが、面倒くささなどフォームが要因となる離脱もあります。それらを防止してコンバージョンへつなげるために、EFOは有効になります。

» 詳しく読む

効果に注目です

パソコン

最近では、学生をターゲットにした広告戦略を行なう企業が多くなっています。学生といえども、理系や文系など様々なタイプがいるので、しっかりカテゴライズ化した後、ターゲットとなる対象を選ぶ必要があります。

» 詳しく読む

誹謗中傷の対策

検索

風評被害を受けた場合には業者に依頼して対策を行う事が効果的で、被害を受けている掲示板やブログの内容を削除して、書き込んだ人を特定します。個人でそういった手続きを行う事は難しいため、専門の業者に依頼する事がオススメです。

» 詳しく読む

自社サイトへの集客の鍵

デスク

ページのデザインに工夫を

企業が自社サイトへの集客のためにWEB広告を出す際、ランディングページのデザインが重要となります。ランディングページとは、直訳すると着地ページを意味します。ユーザーが広告バナーをクリックした際、その直後に遷移する画面などを指します。ランディングページを作成する際は、必ず目的を設定します。例えば保険会社であれば、資料請求の申し込みなどが目的に当たります。こうした目的を達成するため、ランディングページの画面設計を、工夫する必要があります。一例として、申し込みフォームの入力項目を最低限にし、ユーザーの手間を省くなどの工夫をすることで、ランディングページからの離脱を低減することができます。離脱をおさえることで、コンバージョン向上につながります。

ユーザーの使いやすさが鍵

ランディングページを作る際には、ユーザーの使いやすさを意識することが大切です。申し込みボタンがわかりにくい場所にないかなど、初めて使うユーザーの視点に立って考えます。ユーザビリティー向上のために、ランディングページをリリースする前に、社内のメンバーなどに試しに操作してもらうことも有効です。サイト制作側では気づかない点も指摘してもらえます。また、ランディングページを公開後は、きちんとアクセス分析をするよう注意します。ランディングページへどのような層のユーザーがアクセスしているのか、どのサイトから流入しているのかを知ることで、今後の集客戦略に役立てることができます。ランディングページはPDCAを回しながら改善することが必要です。

多くの人に見てもらう

若い世代にターゲットを絞るのであれば、音楽を使った広告などは集客を集める場合があります。広告の内容にあった映像と音楽で魅力的な広告を作って集客をしましょう。また、その際は著作権フリーの音楽を購入するといいでしょう。著作権フリーの音楽でも、様々なジャンルのものがあります。一曲単位で購入出来るものや、まとめてセットでの購入も出来ますので、条件にあったものを選びましょう。